栄養学

身体に良い脂とは!?オメガ3〜①〜

ダイエット中も健康的な脂質(オメガ3)は摂ったほうが良いと聞くけど何を食べたら良いかわからないと、困ったことはありませんか?今日は身体に良いとは聞くけどオメガ3脂肪酸にはどんな効果があるの?と細かく知りたい方に分かりやすくお伝えします。

〜脂質はどれも同じではない〜

脂質は健康に役立つもの、害するものがあります。
どの油でも同じなのは1g=9kcalと言うこと。
その中でも身体に必要な油は『オメガ3脂肪酸』『オメガ6脂肪酸』です。
この2つは体内で作る事が出来ないので必須脂肪酸と言われています。

〜どのくらいのバランスで摂るべきなの?〜

オメガ6脂肪酸は加工食品、肉、魚、乳製品など食品から知らず知らず摂ってしまっているパターンがほとんどです。
オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の理想の比率は『1:2』ですが、日本も食の欧米化で『1:10』に変化しています。

〜オメガ3を摂らなければいけない理由〜

前項でお話したように、理想のオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の比率は『1:2』です。
しかし現代の多くの日本人の食生活はオメガ6を多く摂りすぎています。
1:2の比率にする為にも欧米食に偏らないようにしながらオメガ3脂肪酸を摂ることをオススメします。

このオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが近年崩れたことにより、アレルギー疾患や生活習慣病を引き起こしている原因の1つと報告されています。
体内から作ることの出来ないオメガ3脂肪酸を摂らなければならないのがわかったと思います。

代表的なオメガ3食品 『えごま油』『アマニ油』『DHA,EPAサプリメント』

〜脳の約65%は脂質?〜

実は脳の役65%は脂質で出来ています。良質な脂質を摂ることで脳の機能も維持出来ます。オメガ3を取らなきゃ!って思いますよね。

明日はより詳しくスポーツ選手向けにもオメガ3の良さを書きます。続きをお楽しみに。

 

Health Coach 堀越竜馬