栄養学

ダイエット中、アイスが食べたくなったら

アイスクリーム

暑いシーズンが到来すると食べたくなるのはアイスですね。ダイエット中やボディコントロールをしている最中に誘惑に襲われることも多々あると思います。罪悪感無くどんなアイスを選べばいいのかお伝えします。

〜騙されるな!0kcalの罠〜

ダイエット中に選びやすいのが0kcalのアイス。
しかし0kcalのような合成甘味料を使った製品は落とし穴があり、内臓に不調を起こすだけでなく逆に脂肪を付けやすくする作用があります。これはアイスを食べた時に甘いと感じているのに体内には0kcalの栄養が無い成分が入ってくるので、頭は『甘い』と感じてるのに体内は『栄養がない』と感じている事が大きな問題となります。このギャップが次の食事で脂肪をたくさん付けようとします。

0kcalの製品は絶対に辞めましょう。

アイス

〜アイスクリーム?ヨーグルト?〜

低脂肪のアイスクリームも売られるようになってきました。内容を見ると『糖質』『たんぱく質』で作られていて脂質が入らないのでカロリーも抑えられています。更に優秀なのが『フローズンヨーグルト』です。糖質、たんぱく質だけでなく生きた乳酸菌も摂る事が出来るのでアイスを食べながら腸にも良い効果を働かせます。

スーパーで『生きた乳酸菌入り』と書かれたヨーグルトを買ってきて冷凍庫に入れるだけで完成です。

ヨーグルト

〜選び方のポイント〜

スーパーに行くと表示されている0kcalや脂質カットなど身体を変えている人には魅力的な言葉に飛び付きたくなりますが、1度立ち止まりその食品に含まれるマイナスの作用を見る事が出来る様にしましょう。

※0kcalだと人工甘味料など

Health Coach 堀越竜馬