マインドセット

ストレスが多いとなぜ失敗するのか?

この記事は3分で読むことが出来ます。

この記事を読むことで、ダイエット中のストレスがなぜ失敗に繋がるのか?ストレスの対処法を学んで、ダイエットの大敵であるストレスとの向き合い方を学ぶ事が出来ます。

〜悪者扱いのコルチゾール〜

筋肉を付けたい人、ダイエットをしている人など身体作りをしている人が恐れるホルモン『コルチゾール』は『筋肉分解』の働きを持っています。
身体作りをしている人が敵視する意味が理解できます。
しかし、深く理解する事でこのストレスホルモン(コルチゾール)を味方につける事が出来ます。
その前に身体作りにおけるデメリットを深く知りましょう。

〜長時間のストレスが危険〜

ストレスを感じる場面は人それぞれ異なります。コルチゾールは『身体的ストレス』『精神的ストレス』どちらでも分泌されます。
長時間ストレスを感じる事でコルチゾールがどんな事をするかと言うと『筋肉分解』だけではなく、脂肪を使いやすくしてくれるレプチンの作用を阻害したり、空腹感を抑えるグレリンの働きも得られなくしてしまう事もあると言われています。

つまり、筋肉を分解して脂肪を燃やしにくくしてお腹も減ると言うダイエットには大敵な作用があります。

ダイエットを始めた時に極端な食事制限によるストレス、慣れないトレーニングを長時間行うなど、長時間ストレスが身体にかかる事でコルチゾールの悪い面が働くので、無理なダイエットがリバウンド、ダイエット失敗に繋がる事が理解して頂けたと思います。

〜メリットも知って味方に付けよう〜

長時間のストレスは必ず避けるべきだと理解したところで、次はコルチゾールを味方につける方法をお伝えします。
実は身体に備わっているホルモンなので適切なタイミングでコルチゾールを分泌すると『免疫機能の調整』『健や靭帯の修復』『脂肪燃焼を促進』の働きを持っています。

分泌するタイミングでこんなにも真逆で良い作用がある気分屋さんだと思ってください。

もう1度言いますが精神的ストレス、身体的ストレスが長時間かかっている時はこのコルチゾールは身体作りにおいて全て悪い方向に働きます。

では、自然に分泌されてコルチゾールの働きが1番高いのは

『早朝』です。

この時間帯は身体の中の炭水化物が無い状態なのでコルチゾールも筋肉を分解せず、更には『中性脂肪を分解して脂肪燃焼作用』が見込める状態になります。

〜コルチゾールを味方につけたダイエットプラン〜

この事から早朝の脂肪燃焼しやすい状態を利用する事がダイエット成功にも鍵になります。
早朝は起きてすぐに炭水化物は取らずに、水分やプロテインシェイクのみに抑えておくと脂肪燃焼の効果を得る事が出来ます。(炭水化物を摂取してしまうと効果が無くなります)

また食事制限によるストレスの対処法は、楽しみを1日の後半に取っておくのはどうでしょうか?

日本人の主食はお米、パンなどの炭水化物中心なので日中は出来るだけ炭水化物を避けて夕方以降に炭水化物を摂る方法がストレスも少なくダイエットが行えると思います。

 

Health Coach 堀越竜馬